レトルトか?冷凍か?終電まで続いた打ち合わせ!

プロジェクトメンバーのなみです!今回は、先日塩尻市で行なった、打ち合わせのレポートをしていきます。

♢課題は山積み…!

新たに「製造」「マーケティング」「デザイン」の3つのグループに分かれ、スープの開発に向けて新たなスタートを切った私たちですが、課題は山積み…。スープの種類は?加工方法は?などなど、自分たちだけでは解決できない疑問も多く出てきました。

そこで!参加者の学生を代表して、それらの疑問をクリアにすべく、塩尻へ打ち合わせに行ってきました。

♢打ち合わせへGO!

はじめに、塩尻市にあるフレンチレストラン「ラ・メゾン・グルマンディーズ」オーナーシェフの友森さんに、スープの中身についてご相談しました。

学生間の話し合いで出ていた、ミネストローネスープについてお聞きしたところ、「ミネストローネは万能!」とのこと。どのように万能なのかというと、

①どんな野菜も具材にできる

②カレー粉をいれればカレーができたり、さまざまなアレンジが利く・・・

など、野菜がたくさん取れて健康にも良い、食べ方のバリエーションが幅広いスープなのだそうです。スープも奥が深いですね。

そして、実際に友森さんのミネストローネを試食させていただきました。ナスやゴボウ、タマネギ、トマト、ネギ、ズッキーニ・・・などなど、たくさんの野菜がゴロッと入ったスープは食べ応え◎ 肉類が入っていないのに満足感が得られるのも、女性にはうれしいポイントです!

野菜のサイズ感など、実際食べるとより発見がありました。友森さん、ありがとうございます!

◇レトルトにするか、それとも冷凍か

また、加工法のご相談もしました。最も難しい問題は、冷凍にするか、レトルトにするかということ。

スープを冷凍にした場合、たとえば、キノコは余分な水分が出てしまったり、でんぷんを多く含むジャガイモは質が落ちてしまうなど、冷凍と相性が合わない材料もあるそうです。これは知りませんでした!一方、レトルトは製造コストが高く、商品の価格設定に影響が出てしまう…。レトルトにするか、冷凍にするかの議論は、なんと終電まで続きました。

果たして、どちらになるのか!?

解消できた疑問もあれば、新たに課題も浮き彫りになった打ち合わせ。たくさんのアドバイスを頂き、より一層、気合が入りました。がんばるぞー!!

♢今後

スープ商品化への道のりは、まだまだ長いです。しかし、プロジェクトメンバーと共に、塩尻市の皆さんのご協力もいただきながら、塩尻の良さを食べて感じられるスープづくりに励んでいきます!

引き続き、ハナラボしおじりプロジェクトに多くのご関心、応援をよろしくお願いいたします!

関連記事

  1. 通販サイトオープン!SNSでも発信中!
  2. 共感を得て残っていく企画は?
  3. 大量の野菜をポタージュに
  4. トークイベントの報告@MUJI com武蔵野美術大学市ヶ谷キャン…
  5. 写真撮影!そしてスープを作るのはなんと…?
  6. 実現していくのはこの商品!
  7. トークイベント2日目の報告@MUJI com武蔵野美術大学市ヶ谷…
  8. 飛び込み営業!?

NEW POSTS

PAGE TOP