塩尻スープ応援団誕生!

こんにちは!事務局スタッフのみくです!今回はハナラボ代表の角さんと塩尻市のイベントに参加してきました!

♢東京中の塩尻ファンが集結!?

9月26日にYahoo!アカデミアというイベントに参加しました。今回のテーマは「塩尻市の活性化を考える」というもの。平日ということもあり参加者のほとんどは東京在住ですが、塩尻出身の人、塩尻に縁のある人、塩尻ではないけれど地方自治体の職員など。塩尻市や地域の活性化に興味のある人たち約50人が集まりました!

まず、Yahoo!アカデミア代表の伊藤洋一さん、続いて塩尻市職員の山田崇さんからお話があったのですが…。参加者が円になってお二人を囲むというスタイル!これは何とも斬新!参加者全員がフラットな立場だということが実感できます♪

♢塩尻市の課題を解決したい!

山田さんのお話を聞いて、塩尻市の課題が分かった参加者の皆さん。ここから課題解決のためのアイデアや、未来の塩尻市で実現できることのテーマを参加者から募集します。テーマの提案ができるのは先着6人!ということで熾烈な争いが予想されましたが…。ハナラボ代表の角さんが1番乗りで前に出ました♪

そして、「塩尻野菜をブランディングしたい!スープで!」というテーマでディスカッション参加者を募集します。他にも5テーマが並ぶ中、7人が集まってくれてアイデア出しが始まりました♪

♢塩尻野菜をブランディングしたい!スープで!

「塩尻野菜をブランディングしたい!スープで!」というテーマで集まってくれたのは、マーケティングのプロ、ふるさと納税に関わる方、塩尻にゆかりのある方という、心強い面々。

競合だらけのスープ市場でどう差別化していくのか、どう販売していくのか…。曖昧なマーケティング施策に対して、ばっさばっさと切り込んでくれました。

多品目の野菜が採れる、寒暖差が大きく野菜の質がよいという塩尻野菜の特徴については、「どこの地方も野菜は豊富じゃないの?」とか、女性の健康を助けるスープにしたいというコンセプトについては、「1回食べただけでは体調なんて変わらないよね」とか…。汗

厳しいご意見ですが、言いっ放しじゃないのがみなさんの素晴らしいところ。「多品目を活かしたスープがあれば差別化できる」「定期購入で食習慣を変えてもらえたらいいよね」「自分の体の状態に合わせてブレンドできるスープがあればいいな」などなど、ヒントになるアイデアをたくさんいただきました。

参加したみなさんが「自分ごと」として考えてくれる、熱〜い場でした。さすが、Yahoo!アカデミア。

♢塩尻スープの応援団誕生!?

参加してくださったみなさんとは、イベント終了後もやり取りが続いています。塩尻スープの応援団が誕生した、記念すべき日となりました。

応援団になりたい〜!というみなさん、ぜひぜひお気軽にお声がけください。特に応援団のコミュニティはありませんが、わたしが応援団と認定します(笑)

※TOP画像はYahoo!アカデミアの提供です。

関連記事

  1. 商品のロゴを創ろう!その1
  2. 食業のプロに触発され学生たちに変化が…!
  3. 24時間戦えません
  4. 製造業者に会いに行こう
  5. 商品のロゴを創ろう!その2
  6. ブランディングサイトを作ろう!
  7. 商品のロゴを創ろう!その3
  8. 写真撮影!そしてスープを作るのはなんと…?

商品一覧

NEW POSTS

PAGE TOP