コンセプトは…フレンチシェフが恋した野菜を使って作ったスープ!

こんにちは!事務局スタッフのみくです。今回は商品コンセプト決定のご報告です!

♢商品名の前にコンセプト

まず商品名を決める前段階として、コンセプトを出しました。以前コピーライターのMさんからレクチャーしていただいた、何を伝えるか(What to say)の部分ですね。レクチャーの時に挙がった、旬の野菜がふんだんに入っている・ALL塩尻・地元のフレンチシェフがレシピ開発・女子大生がプロデュースの他にも、様々なコンセプトが挙がりました。

学生達が挙げてくれた、What to sayと、対応するコンセプトを一部見てみましょう!コピーライターMさんのコメントとともにどうぞ!

♢What to sayその1 シェフ&野菜

厳選された塩尻野菜を生かして、地元のフレンチシェフが手作りしたスープ

【コンセプト】

  • お家で塩尻ビストロを開ける(お家でゆったり本格フレンチ) →アリだと思います。こういうテーマから、商品名をきめてキャッチコピーを考えるながれが、スムーズかなと思います。
  • フレンチだけどカジュアル →意外とありきたりかも…。
  • あのシェフが認めた野菜のスープ →今回は違いますが、「あのシェフ」がすごく知名度が高ければアリかもですね。
  • 完璧を追い求めたローカルスープ →ワードとしては強いかなとおもいました。ローカルスープをもっと簡単な言葉でいううといいかもです。

♢What to sayその2 塩尻の野菜

多品目で品質が高い、美味しく育った塩尻野菜だけを使ったスープ

【コンセプト】

  • スープを飲んだ瞬間塩尻の景色が広がる。塩尻に連れて行ってくれる味。塩尻ワープ →「塩尻に行ったことがあって、また行きたいと思っている」人がターゲットのときであれば、いいですね
  • 色とりどり新鮮野菜の採れたてスープ市場「塩尻スープマルシェ」 →ネーミングに近いですが、これくらいわかりやすいほうが伝わると思います。
  • 塩尻は野菜偏差値が高い →コンセプト、というよりは、キャッチコピーですね。新しい言葉なので、おもしろいかもしれません。ただ、新しい言葉をつかう場合には、それをちゃんと説明できる場(メディア・説明文など)が用意されていることが大切です!

♢What to sayその3 ハナラボ生が働く女性のために開発した

女子学生が、将来の目標でもある働く女性を思って開発したスープ

【コンセプト】

  • 塩尻スープは働く女性に着目し、女性の健康を支えている。 →ここら辺はターゲットを絞るのであればアリかなと思いつつ、ちょっと狭すぎかもです。ふるさと納税を頼むときに、「栄養を整えるもの」「大学生が開発したもの」という観点で探すかな?心惹かれるかな?と思うと、あまりないような気も。

♢What to sayその4 塩尻はワインや漆器だけじゃない

【コンセプト】

  • 塩尻の野菜を有名にする
  • 塩尻といえば、野菜
  • 主役は野菜です →塩尻を知らない人には、ちょっと遠いかもしれません。

♢スープのコンセプトは…フレンチシェフが恋した野菜を使って作ったスープ

この他にも様々なWhat to sayとコンセプト案があったのですが…最終的に決まったのがこちら!

フレンチシェフが恋した野菜を使って作ったスープ

いただいたコメントを元に、1週間頭を悩ませた結果です。What to sayその1の、あのシェフが認めた野菜のスープをアレンジして決まりました!「認めた」より「恋した」の方が可愛いですよね♪

このコンセプトが決まった後で知ったのですが、実は友森シェフは塩尻市の紹介冊子KURAで「一流シェフが塩尻野菜に恋をした」と紹介されていたのです!まさかの被りですが、この記事を書いた記者(?)の方も友森シェフのインタビューを通してそう感じたのですかね。

コンセプトが決まったところで、次はいよいよ商品名を決めていきます!気になる商品名は次回のブログでご報告します♪

関連記事

  1. 最後まで心を込めて
  2. 商品のロゴを創ろう!その1
  3. 大量の野菜をポタージュに
  4. 実現していくのはこの商品!
  5. 真冬の熱い夜!プロジェクトメンバー主催イベント
  6. 商品が、売れるかどうかがかかっている
  7. 4日間の集大成!合宿最終日
  8. ついに決定!気になる商品名は…?

商品一覧

NEW POSTS

PAGE TOP